講師紹介-ロクサンヌ・バードリー

プロフィール

ロクサンヌ先生 ロクサンヌ・バードリーはほぼ20年前から 、地元の問題行動を抱えるジャーマンシェパードレスキュー団体とのパートナーシップのもと、新しいオーナーを見つけることに成功させてきたキャリアを持ち、教育者であり、ドッグトレーナー、そして認定ノーズワークインストラクター(CNWI)です。
 それ以来、ロクサンヌは時間の許す限りペット、介助犬、作業犬との広範囲にわたる学びや経験の場を経て、2005年に地域で最も実績ある臭気選別トレーナーのもと彼女自身の犬を臭気選別作業犬の認定をとるためトレーニングを始めました。その過程は、ドッグトレーニングとK9ノーズワークを教えて行くためのキャリアとしての準備となりました。
 彼女は初のNACSW(National Association of Canine Scent Work)当局認定の競技会審判の一人であります。
 ロクサンヌはハンドラーとして、またインストラクターとしてノーズワークの開発と発展に尽力を尽くしてきました。一週間に百を超えるサーチに携わり、それらのハンドラーと犬の無数のシナリオはかけがえの無い財産として与えられ、彼女のキャリアの幅を広げました。
 ロクサンヌのドッグトレーナーとしての実力をのばして行く傍ら、教育者としては学士号、二つの教員免許を取得した後、修士号を取得しました。現在の彼女の取り組みは行動分析の分野での認定を完了させる事です。
 彼女は2006年に確立されたThe In-Line K-9のオーナーでありヘッドトレーナーであります。The In-Line K-9は、K9ノーズワークのクラス、セミナー、ビデオセッション、特殊クラス、競技会・Mockトライアルの開催、そしてノーズワークとは別にオビディエンストレーニング、行動修正、預かりトレーニング、プライベートトレーニング、介助犬の社会化とトレーニングを提供します。
 ロクサンヌは、ハンドラーと犬がつながり成長して行くために、独特で有効な学習の場を提供する為に彼女の経験と情熱を捧げます。