講師紹介-鈴木 博美 Copy

プロフィール

鈴木先生2004年愛犬のゴールデンレトリーバーとともに、家庭犬トレーニングをオーナーに教えることができるトレーナーになる為に渡米。
10年以上にわたる介助犬トレーニングを指導してきたアリータ・ダウナーを師と仰ぎ、3年間、家庭犬トレーニングとオーナートレーニングの基礎を徹底的に学ぶためのべ2万頭にわたる犬達との生活を送る。
2009年サンディエゴで初の、パピー(10週齢よりスタート)を対象としたデイケアを開始。幼稚園教諭時代の教訓「家庭では培えないものを提供する事が幼稚園の仕事」をモットーに犬同士のコミュニケーション能力を引き出す場所としてCanine to Five Training Centerをスタート。
2010年に共に渡米した愛犬2匹を同時に無くした事で2回目の出発点とし、パピーからシニアまで楽しく、健康で過ごせる為に必要な事を提供するセンターとして2012年、Canine to Five Life Care Centerとしてパピーの為のデイケアエリア大幅拡大、ウォーターエクササイズ、食事指導セミナー、健康食品ストア、特設グルーミングを増設。
関西人生粋の表現力で「ジャパニーズイングリッシュ」を駆使したグループトレーニングでは、オーナーが楽しく自分の愛犬をトレーニングできる環境を作り、予防トレーニングの提唱に情熱を燃やす。現在は3頭の犬とノーズワーク、ラリーオビディエンス、フリースタイルを楽しむ。